ARM Cortex-A17プロセッサは、150ポンド未満のスマートフォンとタブレットで60%以上のパフォーマンスを約束します

画像1/2

広告

ケンブリッジに拠点を置くARMは、最新のモバイルプロセッサであるCortex-A17を発表しました。Cortex-A17は、出荷中のCortex-A9と比較して60%のパフォーマンス向上を約束します

ケンブリッジに本拠を置くスマートフォンおよびタブレット向けモバイルプロセッサのメーカーであるARMは、以前のミッドレンジCPUの2倍以上のパフォーマンスを提供することを約束する新しいチップを発表しました。 Cortex-A17は、2015年後半から150ポンド以下の中型スマートフォンに登場するように見え、チップベンダーのVIA、Realtek、MediaTekはすでに新しいデザインを使用するように登録しています。

Cortex-A17は、6年目の誕生日を迎える老朽化したCortex-A9に代わるものです。スケーラブルな設計は、2GHz以上の速度で動作する最大4つのコアをサポートでき、big.LITTLE構成で他の低電力ARMコアと組み合わせることもできます-サムスンの米国バージョンのように Galaxy Note 3、ARMリファレンスデザイン上に構築されたExynos 5オクタプロセッサを使用します。伝えられるところでは、Cortex-A9チップよりも最大60%高いパフォーマンスを提供しますが、消費電力は20%少なくなります。



スマートフォンの世界はますます64ビット処理に目を向けていますが、Appleの先頭に立っています iPhone 5s、Cortex-A17は32ビットチップです。 ARMには64ビットのCortex-A57およびA53コアが既にありますが、同社はミッドレンジデバイスの64ビットプロセッサの需要をまだ期待していません。

新しいチップは、最終的には、さまざまなミッドレンジのスマートフォンとタブレット、スマートテレビとセットトップボックス、および車載エンターテイメントシステムに搭載される予定です。 ARMは、パフォーマンスと省電力を同等に実現するbig.LITTLEマルチコアレイアウトを使用して、コンポーネントのさまざまな組み合わせを予測します。 2GHz +で動作するクアッドコアCortex-A17チップはクアッドコアCortex-A7 CPUとペアリングできますが、より多くのエントリーレベルのデバイスは、デュアルコアA7とペアリングされた1.5GHz〜2GHzで動作するデュアルコアA17を使用できます。最後に、チップはメーカーによっても1GHzから2GHzの間で動作します。

Cortex-A17は当初28nmプロセスで製造されますが、2016年には20nmに削減される可能性があります。